つくばの整体院 めぐりの院長ブログ⑥ 『痛みや症状には意味がある』

肩こり・腰痛・頭痛

自律神経・うつ・関節痛

不妊・婦人科症状

慢性的な痛みや不調でお悩みの方の

体質改善専門整体

『からだ回復整体 めぐり』

 

こんにちは!

院長の藤優心です。

 

痛みや不快な症状は

『悪者!』と思われがちですが

実は『大切な味方』です

 

こう言うと、何を言っているんだ!と

思われるかもしれません

 

でも、痛みや不調は自分自身を守るための

『シグナル』なのです

 

もし痛みが無かったとしたらどうでしょう?

 

骨が折れても気が付かない

どこかが切れて出血しても気付かない

何かが刺さっても分からない

お腹の中で炎症があっても気付かない

虫歯があっても気付かない

 

痛みや不快な症状があるから

これらに気付くワケです

 

風邪を引くと熱が出ます

 

これは身体の中の悪いウイルスを弱らせ

自分の免疫細胞を元気に働かせるための

自己防衛反応です

 

身体に悪い食べ物や毒物を食べてしまった時は

嘔吐や下痢といった反応で

身体の外に出して守ろうとします

 

これらの症状は全て

自分を守るための反応や気付きを

与えて助けているものです

 

しかし、痛みや不快な症状が出た場合

一般的にはどう対処するかと言うと

症状だけを抑え込もうとします

 

身体がせっかく教えてくれたり

治ろうとして反応してくれているのに

無理やり力でねじ伏せる・・

 

特に慢性的な痛みや症状の時には

こういった対応をすることがほとんどです

 

耐え切れないような強い痛みや症状の場合は

その症状自体を抑えることも必要です

 

しかし、症状や痛みをこういった角度で見ると

また考え方も変わってくるのではないでしょうか

その他の記事