つくばの整体院 めぐりの院長ブログ31 『腰痛を作っているのは自分自身!?』

肩こり・腰痛・頭痛

坐骨神経痛

自律神経・うつ・関節痛

不妊・婦人科症状

慢性的な痛みや不調

でお悩みの方の

 

体質改善専門整体

『からだ回復整体 めぐり』

 

こんにちは!

院長の藤優心です。

 

慢性的な痛みで多いのが

腰痛です

 

腰痛を一度も感じたことがない方の方が

珍しいのではないでしょうか

 

このツラい慢性的な腰痛が

実は『自分自身が作っている!』

と言われたらどう思うでしょう

 

アメリカのサーノ博士が提唱する

「TMS理論」というものがあります

 

簡単に言うと

『自分に不都合やストレスになることがあると

自分の身体に痛みや不快な症状を作る』

というものです

 

なんのこっちゃ???

 

不安や心配やストレスがあっても

それから現実的に逃れられない時

 

その逃げ場として

「痛みや症状を作ることで回避しようとする」

こう解釈できます

 

我慢に我慢を重ねて・・・

しかし責任もあるし・・

この生活を変えられないし・・・

でも耐えられない・・

 

すると自分自身の弱い部位の

血流を弱くすることで

痛みや不調を無意識下に起こしてしまう

 

TMS理論に対する理解は

こんな感じです

 

当院のクライアントさんでも

慢性腰痛で何をやっても効果がなく

各種検査をしても異常がない

でも痛みや不調は確実にある方がいます

 

ブロック注射

理学療法

痛み止めの薬

マッサージやストレッチ

 

いくら繰り返しても改善しない・・・

 

整体施術をして楽になるけれど

間が開くとまた元通りの状態に戻る

 

お話を聴くと

どうやら不安や心配やストレスだらけで

自分自身を責めるマジメで頑張りやタイプ

 

そんな時に「TMS理論」が頭をよぎります

 

精神的なストレスは血流に影響します

 

その方の『考え方』や『気の持ち方』が少し変わるだけで

症状回復に良い影響が出ることがしばしばあります

 

整体施術は身体へのアプローチですが

『マインドや心のありよう』

もサポート出来るように心がけています

 

肉体だけでなく

『精神の時代』に大きく入っている事を感じる

今日この頃です

その他の記事