お尻のたるみの原因は姿勢と筋肉 つくばの整体鍼灸「からだ回復整体 めぐり」

お尻のたるみの大きな原因

お尻のたるみの大きな原因をご存知でしょうか?

 

一つ目は、「姿勢」

 

二つ目は、「筋肉が使えていない」

 

この2つがお尻をたるませる原因です。

 

「姿勢」について

「姿勢」についての問題は、日本人に多い猫背姿勢です。

 

PC作業など一日中座ったままのデスクワーク仕事や、いつも前屈みが多い美容師さん、

スマホを長時間する若者などに多く見受けられます。

 

ではなぜ猫背がお尻のたるみに影響があるのでしょうか。

 

猫背になる

  ↓

骨盤が後ろに傾く(後傾)

  ↓

お尻周囲の筋肉が機能しなくなる

 

この悪循環で、お尻のたるみがどんどん進行していきます。

 

ヒップアップ効果を出すためには、全体の姿勢を改善する必要があります

筋肉がうまく使えていない

2つ目の「筋肉がうまく使えていない」ですが、不良姿勢(猫背)でいると尻の筋肉が使えなくなっていくからです。

 

お尻から下肢後面の筋肉を使わなくなる為に、筋肉量が徐々に低下していきます。

 

臀部の筋肉も痩せてくるので、おしり張りを作れない状態になってしまいます。

 

お尻のたるみを改善したい方は、筋トレに加えて骨盤矯正で姿勢を改善する必要があります。

 

ちなみに、猫背の方がハイヒール等のカカトが高い靴を履くと、お尻がよりタルんでいく可能性がありますので注意して下さい。

 

不良姿勢や猫背の方がハイヒールを履くと、骨盤が後ろに倒れやすいくお尻が下を向いいてしまうからです。

 

そんな女性の方は、全身整体や骨盤矯正で猫背姿勢を改善する事をオススメします

 

その②では、「姿勢の改善施術法」と「筋トレ」のやり方についてお伝えします。