産後の骨盤矯正の正しい認識と注意点 つくばの整体鍼灸「からだ回復整体 めぐり」

産後の骨盤はデリケート

女性の身体は、妊娠3か月頃から卵巣より「リラキシン」というホルモンが放出されます。

 

このホルモンは、毎月の月経に伴っても出るホルモンですが、出産時には骨盤を緩めて開きやすくする効果があります。

 

専門的に言うと、恥骨結合や仙腸関節という骨盤の関節を緩めて骨盤底を広くさせ出産をスムーズ行う作用です。

 

実はこのリラキシンは、骨盤だけでなく全身の関節を弛緩させる作用があります。

 

出産後数日間は出続けますので、関節弛緩効果も暫く続きます。

 

このため、出産後半年くらいは骨盤は非常にデリケートな状態にあるのです。

産後の骨盤の基本はムリな負担をかけない事

産後の2か月間位は、「産後の肥立ち」といって心と体の回復期間ですから休息が大事です。

 

出来るだけ、日常生活でのムリは禁物。まして、この時期に強い刺激の矯正施術は絶対にオススメ出来ません。

 

基本的な考え方は、自然に関節が固定力を持つまで無理な負担はかけない事です。

 

ご存知の方は多いと思いますが、この時期の不安定な骨盤を支えるベルトがあります。

 

代表的なのが、「トコちゃんベルト」です。

 

リラキシンで緩くなった骨盤の関節を安定させる為のベルトです。

 

その他にも、骨盤枕や骨盤クッションといったアイテムも巷にはいろいろ紹介されている様です。

正しい産後の骨盤矯正

「体重が戻らない・・」

「体型が崩れた・・」

「腰痛やお尻・股関節痛」

 

これらの産後の身体の悩みを解消するために、骨盤矯正は非常に有効であるのは事実です。

 

しかし、中には間違った施術を受ける方も多いのです。

 

そもそも骨盤矯正とは、骨盤を正常な位置で正常な動きをさせる為の調整です。

 

バキッと骨格を動かし強制的に位置を直すことではありません。

 

骨盤まわりの筋肉を強くグイグイ押したりストレッチさせる事でもありません。

 

半年くらい関節が緩い状態が続くので、そのような施術は効果が無いばかりか悪化させる可能性もあります。

 

また、授乳姿勢も骨盤の歪みに大いに関係しますので、変な姿勢を長時間続けるのは注意が必要です。

 

一般的には骨盤だけにフォーカスして整体を行います。

 

しかし本来は、骨盤を含めた「全身の歪み調整」と「血の巡りを回復」がさせる整体が骨盤矯正に必要なのです。