ぎっくり腰の原因と改善法 つくばの整体・鍼灸 「からだ回復整体 めぐり」

ぎっくり腰の症状とは

国民病と言われる腰痛。

 

その中でも、突然グキッと強烈な痛みが走り動けなくなる=「ぎっくり腰」

 

筋・筋膜性腰痛とか急性腰痛症といわれます。

 

その多くは、前屈した際や捻った時などに瞬間的に激しい腰痛が起こり、数日~数週間痛みが持続します。

 

痺れや脱力という神経症状はなく、主に筋肉や関節を痛めたと状態です。

 

通常は、湿布やコルセットをしながら安静を指示されます。

ぎっくり腰は繰り返す

「年に数回はぎっくり腰になる」という方も珍しくありません。

 

どうして何度もぎっくり腰を繰り返す方が多いのでしょうか。

 

それはぎっくり腰になる「土台」が出来上がってしまっているからです。

原因は蓄積疲労

ぎっくり腰を繰り返すの身体の「土台」とは、蓄積疲労からくる全身の歪みと血流の弱さにあります。

 

仕事による負担や過度なストレス、スポーツによる酷使などが長期間積み重なると、全身の血流が弱くなり身体が歪みます。

 

何となく腰が痛いとか、腰回りが硬いと感じる時は、もうぎっくり腰になりやすい「土台」が出来てしまっているサインなのです。

 

ぎっくり腰を繰り返さないためには、身体の隅々まで血の巡りの良い状態にしなければなりません。

 

痛みの症状自体は、長くても数週間で改善しますが、全身の血流が弱い状態が残っていればすぐ同じように繰り返してしまうのです。

ぎっくり腰を繰り返さない為には

ぎっくり腰対策に限らず、身体を元気に保つには「血流」が一番大事です。

 

セルフケアや日々の疲労を回復する事を意識しましょう。

 

痛みが無くなっても、土台があればぎっくり腰を繰り返します。

 

繰り返さない為には、常日頃から血流の良い身体作りをしていく事が必要!

 

運動と食事と睡眠のバランスを見直して規則正しい生活を送りましょう。

 

痛みが無くなった後の予防策として、腰痛に効くツボ押しストレッチも効果的です。

 

シャワーだけで済まさず、ゆっくりお風呂に入って血行を促し疲労を貯めない生活を心がけて下さい。

 

もし、ぎっくり腰になってしまった場合は、土台からいち早く改善する当院の整体施術を受けることをオススメします。