四十肩と五十肩の違い!最短で改善する方法とは?  つくばの整体鍼灸「からだ回復整体めぐり」

  • ある日突然肩の痛みで腕が挙がらなくなった
  • 最初は違和感だけだったけど段々腕を上げる時に痛くなり今では物を取る事もツライ・・
  • 髪を結ぶときや下着をつける時に痛みで腕を捻る事が出来ない・・
  • 整形外科でレントゲンを撮り骨に異常はないと言われたけど腕が上がらない
  • リハビリしているけどなかなか改善しない
  • そのうち治ると言われたけど方の痛みで腕が動かせない

四十肩と五十肩の違いとは?

四十肩と五十肩では何が違うのか?

 

実はどちらも同じです

 

正式には、「肩関節周囲炎」という名前ですが、40~50歳代に多いので俗称「四十肩」「五十肩」と呼ばれています。

 

年腕とも呼ばれ、痛みで腕が上がらなくなり、動かす範囲が小さくなると関節が徐々に固まってしまいます。

 

加齢による筋力低下や構造的弱化で、関節内に小さな損傷が起こり炎症・運動痛が出るものと思われています。

病院での一般的な対処法

整形外科では、レントゲン写真を撮り骨や関節の状態を確認します。

 

X線検査関節で確認が容易な「石灰沈着性」というタイプのものは、痛みも強く時間がかかる場合があります。

 

いわゆる一般的な四十肩・五十肩は、レントゲンでは特に骨には異常が見られません。

 

病院では、痛み止め薬漢方薬・湿布を処方されます。

 

整形外科の外来で、リハビリ(運動療法や物理療法)を行うことも多いです。

 

よく「自宅で出来るセルフケア体操」を指導されますが、症状に応じて行うことが大切です。

 

痛みが強かったり、なかなか改善されない時には、肩関節にヒアルロン酸の注射をすることもよくあります。

 

肩関節だけにアプローチしても改善しない理由

石灰沈着性や肩関節の怪我であれば、肩関節自体に問題があるので肩へのアプローチが必要になります。

 

しかし、レントゲンで異常のない「四十肩・五十肩」は、肩関節自体が問題ではない事が多いようです。

 

一般的に行われている筋肉への強いマッサージや、病院での強制的な運動療法は、痛みに耐えながら動かすことが多いです。

 

しかも、改善まで長い時間を要します。数か月~1年かかることも珍しくありません。

 

四十肩・五十肩の根本原因は、慢性蓄積疲労からくる体の歪みと血の巡りの弱さです。

 

それによって、胸郭(肋骨と胸椎)が硬くなり、肩甲骨の動きも悪くなります。

 

更に、不良姿勢(猫背)が続くことで、腕が内側に捻じれてしまいます。

 

この2つの状態が続くと、肩関節の動きに少しづつ無理が生じ炎症を起こしてしまうのです。

 

肩や腕だけにアプローチしてもなかなか改善しない理由はここにあります。

 

身体全体の歪みと血流の回復が必要になるのです。