背中の痛みの原因と対処法(左側編) つくばの整体鍼灸「からだ回復整体 めぐり」

こんな症状でお悩みではありませんか?

  • 急に背中が筋肉痛の様に痛くなる事がある
  • 寝てると背中が痛い
  • 朝起きたら背中が痛い
  • いつも肩甲骨や脇腹が痛くなる
  • 突然に背中が痛くなる時がある
  • 病院で検査しても異常なしの背中の痛み

左の背中の痛み!原因と対処法

腰痛と共に多い背中の痛み

背中の左側の上部から肩甲骨の間あたりに鈍痛がある場合は、首からの影響で痛みが出ている事が多いです。

 

手の痺れや首肩の痛みを伴っている場合は、頸椎(首の骨)の問題かもしれません。

 

心臓の真裏あたり(肩甲骨の間の左寄り)が急に痛む場合は、心臓の不調の影響がある可能性もあります。

 

それに加えて 胸のつかえるような強い痛みがある時には、早急に専門医の受診が必要になります。

 

身体を動かした時にだけ痛む左背部痛は、骨や関節、筋肉が原因の可能性が高いので一度整形外科で検査することをオススメします。

痛みの原因は?

背中の痛みや張り感で一番多い原因は、不良姿勢や慢性疲労で背中の筋肉の血行が弱くなることです。

 

日常生活での不良姿勢や仕事での負担が蓄積すると、血行不良がおきて背部の痛みが出やすいのです。

 

その他に多いものとして、背骨や肋骨の関節が原因の痛みもあります。

 

代表的な症状は、”肋間神経痛”です。

 

中には、内臓の疲労や不調からくる背中の痛みもあります。

 

例えば、

左上ならば心臓

背中の真ん中あたりであれば膵臓

左の下の方であれば腎臓や尿道

左の真ん中あたりなら胃

 

内臓の不調からからくる左背中の痛みや違和感はかなり存在します。しかし、短絡的に背部痛=内臓の不調と考えてはいけません

 

あくまでも、内臓の不調の一つのシグナルです

 

もし原因が内臓の不調なのであれば、内臓の不調を取り除かなければ症状は変わりません。

左背部痛を改善するには

筋肉や関節の問題であれば、血流を改善して身体を柔軟にすれば痛みは改善します

 

しかし内臓からくる背中の痛みは、原因が背中ではないので内臓の調子を回復していかないと症状は改善されません。

 

内科的疾患がある方は、専門医のアプローチが必要になります。

 

病気ではないけれど、軽度の内臓疲労からくる背中の痛みや違和感もあります。

 

例えば、暴飲暴食での内臓疲労がそれに当たります。

 

それ以外にも、疲労の蓄積や過度なストレスから⇒内臓疲労=背中の痛みは起こります。

 

背中の痛み繰り返さない為には日ごろから身体を見直す習慣をつけることが大事です。

 

①充分な休養と睡眠をとる

②ストレスの解消

③適度な運動

④食事の質と量とタイミング

 

この基本的な生活習慣に気をつけることが大切です。

症状について詳しくはこちら

腰痛 

関連記事