緊張型頭痛の解説とツボ押しケア つくばの整体鍼灸「からだ回復整体 めぐり」

緊張型頭痛とは?

一般的な頭痛の種類は大きく3つに分けられます。

 

片頭痛(偏頭痛)・緊張型頭痛・群発頭痛です。その中で、頭周囲の筋肉の緊張が原因の頭痛が緊張型頭痛です。

 

頭や首肩の筋肉が疲労やストレスで硬くなることで痛みが出ます。

 

症状が出る部位は、後頭部からこめかみ辺りまで、もしくは頭全体が締め付けられるように痛みが出ます。

 

人によっては、右や左に痛みが偏る場合もあります。

 

随伴症状では、軽い吐き気やめまい(メマイ)を伴うことも多いです。

こんな仕事の方がなりやすい

  • パソコンや事務仕事で長時間同一姿勢
  • 毎日長時間目を酷使する作業
  • 長距離の運転が仕事の方
  • 精神的なストレスを過度に長期間受けている方

頭や首肩のコリからくる、慢性的な筋肉の緊張が、血行を弱くして緊張型頭痛を起こり易くするのです。

 

 

緊張型頭痛の原因って?

緊張型頭痛は、字のごとく筋肉の緊張が頭痛発現に大きく関与します。

 

筋緊張から首肩のコリや目の疲れ(眼精疲労)を引き起こします。

 

頭・首肩周辺の血行が悪くなると、老廃物や発痛物質が筋内に蓄積し神経を刺激して頭痛を起こします。

 

肉体的ストレスは勿論ですが、精神的ストレスでも血行不良や筋緊張を起こします。

 

心の緊張は身体の緊張に繋がりますので、精神的なストレスが多い方も「緊張型頭痛」を起こしやすいのです。

2つのタイプ

緊張性頭痛も、2つに分けることが出来ます。

 

反復性緊張型頭痛慢性緊張型頭痛です。

 

反復型緊張性頭痛は、ひたすらずっと頭痛が続くわけではなく、頭痛を度々繰り返すタイプです。

 

頭や首肩周辺の筋緊張からくる血行不良が原因です。

 

慢性緊張型頭痛は、痛みが継続してずっと続きます。

 

難治性で、脳の痛みを感じるシステムに異常があるのではないかといわれています。

病院で処方される頭痛薬による対処

一般的には、ロキソニン・テルネリン・バファリン・イブなどの非ステロイド系鎮痛薬を服用されている方がほとんどです。

 

病院を受診すると処方されますが、現在はそのほとんどがドラックストアで手に入ります。

 

最近の医療機関では、漢方薬を処方することも珍しくありません。

日常生活での3つのポイント

  • 週に二日程度30分位の軽い運動やストレッチ
  • 充分な休息(休日の確保)と睡眠時間(7時間程度)
  • 精神的ストレスの発散(好きな事や趣味)

この3つが頭痛体質を改善するための大切なポイントです。

 

特に難しいことはなく、当たり前の事だと感じるでしょう。

 

ですが、実際この3つを上手に出来ている方は少ないのではないでしょうか。

 

日常生活から少しずつ改善することで、緊張頭痛体質は良い方向に向かいます。全てを完璧に行わなくてもよいので、出来る事から少しずつ始めてください。

 

良くも悪くも、体質は日々の生活で作られます。

3分で出来る!頭痛の為の簡単ツボ押しケア

押すツボは手と足の指先にあります。

※写真で爪の両サイド下にある赤い点です

 

これは、鍼灸でいう「井穴」というツボの位置で、ここを刺激するとでいろいろな効能がでます。

この井穴というツボを、反対の手の二本指(親指と人差し指)で15秒くらい押し揉みします。

 

力加減は、「ちょっと痛いかな」位の力で押します。

 

手だけでなく、出来れば足もやった方がより効果的です。

※下の写真は押し揉みしている様子

注意点が一つだけあります。薬指は除いた4本指に行ってください。

 

薬指以外の四本は、身体全体をリラックスさせる効果がありますが、薬指は逆に緊張状態を作り易い効果があるからです。

 

逆に、緊張したい時や集中したい時には薬指に行うと良いでしょう。