妊婦さんの坐骨神経痛を解消するには? つくばの鍼灸整体「からだ回復整体 めぐり」

妊婦さんにも多い坐骨神経痛!

 

日常生活が困難になるほどヒドイ痛みも

珍しくありません。

 

妊娠中の坐骨神経痛についてお伝えします。

妊婦さんの坐骨神経痛とは?

坐骨神経痛の原因疾患で多いのが、腰椎ヘルニアや脊柱管狭窄症などです。その他には生活習慣病である糖尿病からも起こる事があります。

 

実は妊婦さんにもこの坐骨神経痛が非常に多くみられます。

 

妊娠後期から臨月でお腹がかなり大きくなった頃に出る場合が多いのです。

妊婦坐骨神経痛の原因

妊婦さんの場合、妊娠でお腹が大きくなりその重さが腰や骨盤の負担になります。

 

その為、坐骨神経が腰やお尻のあたりで圧迫されて神経痛の症状が出やすいと言えます。

 

更に、ホルモンの関係で、骨盤の関節がユルくなるのも負担が増える原因の一つと考えられます。

妊婦さんの坐骨神経痛の症状

お風呂をまたぐときや靴下をはくような動作

長時間立ったままや座立派なしの状態の時

 

お尻から足の後面に、ズキンッ ピキーン ビリビリ~という不快な痛みや痺れが出ます。

 

 痛みが酷い時には、暫く歩くことが辛くなる事もあります。

治療法と対処法は?

一般的な病院での治療法は、湿布や飲み薬、筋トレやストレッチなどのリハビリがメインになります。

 

坐骨神経痛の重症例ではブロック注射を臀部や腰に打つ場合もあります。

 

しかし、 妊娠中は薬も注射も出来ません。リハビリも難しい場合が多くあります。

 

安全で簡単なセルフケアとしては、軽くお尻のあたりを軽くマッサージしたり、や臀部を温めたりすることです。

日常生活5つの注意点

日常生活で気を付ける5つのポイントがあります。

 

①冷やさないようにする

腰や臀部を極力冷やさないように保温に気を付けましょう。血流が悪くなると坐骨神経痛を悪化させます。

 

②長時間の同一姿勢に注意

ずっと座りっぱなしや立ちっぱなしでいると血行が弱くなり症状が強くなります。

 

③柔らか過ぎるマットレスに注意

柔らか過ぎるマットレスは実は身体に良くありません。ある程度の硬さがあるものを使用してください。

 

④猫背姿勢からの前屈みに気を付ける

背中を丸くしたまま前かがみになると、腰や臀部の筋肉に負担が係ります。前かがみになる時は背中や腰を少し伸ばして負担を軽減して下さい。

 

⑤家族に手伝ってもらう

御家族にツラい作業は、手伝ってもらったりお願いして任せたりしましょう。無理は禁物です。

「病院に行ってもお薬は使えないしこの痛みは我慢するしかないのかな・・・」

 

「強すぎるマッサージや整体は怖いから無理・・・」

 

こんなお悩みをお持ちではありませんか?

 

妊婦さんのツラい痛みを改善するため、私達がサポートしますのでご安心ください!

 

つくばで妊婦さんの坐骨神経痛でお悩みの方は、「からだ回復整体 めぐり」まで今スグお電話でご相談ください!