手や腕の痺れが出る!「胸郭出口症候群」の4つの分類と鑑別法 つくばの整体鍼灸「からだ回復整体 めぐり」

  • 手指や腕の痺れがあり心配・・
  • 腕や手の冷感や脱力感がある・・
  • とにかく腕や首肩がダルイ・・
  • 首肩や肩甲骨のあたりに痛みやコリが強い
  • 肘から先の小指側に痺れや違和感がある

胸郭出口症候群とは?

胸郭出口とは

鎖骨や第1肋骨

周辺の部分のことです

(図を参照)

 

 

このあたりを通る血管・神経が

筋肉や骨で圧迫されて

腕や手に症状が出ます

 

痺れ・冷感・脱力感・ダルさ

酷くなると手の筋肉が

痩せ細ることもあります

 

症状が進んでくると

首肩や肩甲骨のあたりが

重苦しく痛むようになります

 

筋力がなく猫背で“なで肩”の女性

重い物を上げ下げする仕事

長時間一定の姿勢で作業する

肩から荷物やカバンを下げる仕事

 

こんな姿勢や職業の方に

多くみられます

 

斜角筋症候群 

肋鎖症候群

頚肋症候群 

過外転症候群

の4つがあります

4つのタイプの鑑別テスト法

斜角筋症候群

斜角筋症候群は

前斜角筋中斜角筋

神経と血管を締め付けて起こります

【テスト法:アレンテスト】

症状がある方の腕を上げ

顔は反対方向を向きます

 

橈骨動脈の拍動が減弱

又は消失すると陽性です

頚肋症候群

本来は頸椎には肋骨はありませんが

第7頸椎に肋骨(頚肋)があり

神経の通り道を圧迫してしまいます

 

【鑑別法】

単純X線検査で頚肋を確認します

肋鎖症候群

第1肋骨と鎖骨の間

で神経や血管が圧迫されて

起こります

【テスト法:エデンテスト】

症状が出る方の腕を

後方かつ下方に引いて

橈骨動脈の拍動が減弱

又は消失すると陽性です

過外転症候群

鎖骨の下で胸の深部にある

小胸筋が腕に行く神経・血管を

圧迫して起こります

【テスト法:ライト・テスト】

肘を90度に曲げて

過度外転肢位をとり

橈骨動脈の拍動が減弱

又は消失で場合陽性

その他

両手を挙げて3分間グーパーを繰り返す

ROOSテストも胸郭出口症候群の

鑑別テストです

胸郭出口症候群のセルフケア

まず体幹や四肢の筋トレ姿勢を保持できる筋力を作りましょう。

 

ダンベルなどの負荷が強すぎる筋トレは症状が増悪することもありますので、軽く無理のない範囲から始めてください。

 

出来れば自重のトレーニングから始める事をオススメします。

 

毎日のお風呂上りのストレッチで首肩や肩甲骨を柔らかくし血流を良くすることも大切です。

 

ストレッチは仕事の合間にも出来ますのでこまめに行うと効果的です。

日常生活の注意点

長時間のPC作業や不良姿勢でのスマホは、猫背や身体の歪みを起こし首肩の緊張を強くします。

 

当然”血の巡り”も弱くなり肩こりを起こします。

 

1時間に1回はストレッチや伸びをするなど血流を回復するようにしましょう。

 

深呼吸腹式呼吸は、全身に酸素が届きリンパの流れを促進しますので是非お勧めします。

症状について詳しくはこちら

胸郭出口症候群