ストレートネックに多い頸椎ヘルニアの改善法とは? つくばの整体鍼灸「からだ回復整体 めぐり」

  • 寝ている時や朝起きた際に首が痛い状態が多くなってきている
  • 首を動かすと痛みや痺れが肩や腕に走るようになってきた
  • ずっとPC作業していると腕や手に痺れのような違和感がある
  • 仕事中に腕や手の痺れが出始めてこの頃徐々に強くなっている
  • 肩甲骨や首肩に強い痛みがあって日常生活に支障が出てきた
  • 首肩が痛く病院でストレートネックと言われたけど改善するの?

ストレートネックに多い『頸椎椎間板ヘルニアとは?

頸椎という人間の首の骨は7つあります。その頸椎と頸椎の間に、『椎間板』というクッションの働きをする”骨より弾力性がある”部分があります。

 

その椎間板が後方に飛び出し、神経や脊髄を圧迫して痛みや痺れを起こす状態が『頸椎椎間板ヘルニア』です。

 

年齢的な骨や軟骨の変性、そして椎間板の変化も原因の1つになります。

 

神経症状として、腕や手の痺れ・痛み知覚異常や筋力低下があります。

 

重症な脊髄症状では、巧緻障害(手で細かい作業が上手くできない)歩行障害(上手く歩けなくなる)・膀胱直腸障害(大・小便が出なくなる)があります。

病院での検査や治療

整形外科では症状の出かたや徒手検査に加えて、最初は純X線検査(レントゲン検査)で判断されます。

 

症状が重かったり詳細な 確定診断の為には、MRICT検査も必要になる事があります。

 

このように病院では、症状の原因や治療の方向性は画像診断の検査から主に判断されます。整形外科の外来では、服薬リハビリテーション通院で経過をみたりしますが、ときには手術が必要な状態もあります

ストレートネックと頸椎ヘルニアの関係

頸椎は通常、前方に湾曲しています。しかし、不良姿勢や猫背が続くとそれを補正するために、”頸椎が真っ直ぐになりバランスを保とうとします”

 

実はストレートネックになる原因は、首だけの問題ではなく身体全体の歪みなのです。

 

ストレートネックは、「不良姿勢や猫背の女性」に多くみられます。長期間の悪い姿勢から頸椎椎間板ヘルニアになりやすい土台が簡単に出来てしまいます

 

ストレートネックからなりやすい頸椎ヘルニアを改善するためには、身体全体の不良姿勢や猫背を改善することが必要になります。

ストレートネックは治らないの?

ストレートネックは、首だけの問題ではありませんので身体全体の調整が必要です。

 

逆に言うと、姿勢や動きを改善し歪みを調整していけば少しずつ正常な湾曲に改善していきます

 

但し、良い姿勢になる為にはある程度の施術期間は当然必要になります。

注意が必要な2つのポイント!

頸椎ヘルニアやストレートネックについて注意する点が3つあります。

 

①無理な首のストレッチはしない

②枕は適切な高さにする

③不良姿勢をなおす(猫背を改善する)

 

強く無理な首のストレッチは症状を悪化させる危険がありますので要注意。

 

枕の高さは低すぎず高過ぎず適切にすることが大切です。

 

就寝中や起床時に首が痛い場合は高さや形が合っていないのかもしれません。

当院の整体でストレートネックが改善する理由

頸椎ヘルニア原因は、不良姿勢や猫背が長期間続いた結果です。そして”身体全体の歪み”が根本原因。

 

不良姿勢や猫背は、そもそも『慢性的な蓄積疲労』の結果です。

 

慢性疲労⇒猫背や不良姿勢⇒ストレートネック⇒頸椎ヘルニア

 

当院で行う”血流回復整体”は、身体の最深部の歪みを改善することで全身の血の巡りを短時間で回復することが出来ます。

 

血の巡りが回復すると、脊柱や骨盤の動きが良くなり、カラダの柔軟性と疲労を回復します。硬さが取れることで背骨にかかる負担も減ります。

 

その結果、姿勢が良くなりストレートネックが改善し頸椎ヘルニアの改善になるのです。

症状について詳しくはこちら

肩こり

関連記事