つくばの整体院 めぐりの院長ブログ36 『不妊体質と運動』

肩こり・腰痛・頭痛

坐骨神経痛

自律神経・うつ・関節痛

不妊・婦人科症状

慢性的な痛みや不調

でお悩みの方の

 

体質改善専門整体

『からだ回復整体 めぐり』

 

こんにちは!

院長の藤優心です。

不妊・未妊の体質改善の為には

生活習慣を見直すことが大事ですと

以前お伝えしました

 

その中でも

食事が一番大事なのは

言うまでもありません

 

何故なら

食べたものでしか

身体は作られないからです!

 

睡眠や休息も

疲労やストレスを回復する為に

大切な事です

 

もう一つ加えるとすると

『運動』についてです

 

クライアント様からよく質問されるのが

『運動はしたほうがいいですか?』

 

運動はしたほうが良い事は

何となく分かるけれど

どんな運動をどれくらい?

 

この基準を知っていないと

迷ってしまいますし

「運動をしたいけれどやれない・・・」

こんな方も多い様に感じます

 

卵子も精子も一つの『細胞』です

 

細胞が活きるエネルギーを作る場所を

『ミトコンドリア』といいます

 

体に負荷をかけることで

このミトコンドリアを増やすことが出来ます!

 

その基準はこんな感じです

①週に2,3日

②少し息が上がるくらいの強さの運動を

③30分間くらい

 

ストレッチを含む自重筋トレでも

ジョギングやウォーキングでも

日常生活の中の”ながら運動”でも

 

どんな形でもよいので

この3つの基準を満たす運動を

継続することで身体は変わります

 

激しい筋トレも長時間のランニングも

する必要はありません

 

楽しみながら出来るよいです

 

慣れたら少しずつ強度や時間を

増やして行っても大丈夫です

 

でも自分がやりたくないのに

無理に行うのはオススメしません

 

運動自体がストレスになっては

意味がありませんし

良い効果も半減してしまいます

 

気持ちよく身体を動かすことを継続すると

卵子や精子も元気になるということです!

その他の記事