足の痺れの原因と改善策! つくばの整体鍼灸「からだ回復整体 めぐり」

なぜ足の痺れが起こるのか?

一言で言うと、神経への血行不良』がしびれを起こす原因です。

 

長時間の正座の後に足が痺れて立ち上がれない経験をした方は多いのではないでしょうか。

 

正座で足の神経が圧迫されると神経への血行が悪くなって痺れや脱力が起こります。

 

血液中には栄養と酸素が豊富に含まれています。

 

神経も生きている細胞ですので酸素と栄養が無ければ死んでしまいます。

 

血流が圧迫されて制限された状態が続くと、神経が酸欠を起こし痺れの症状が現れるのです。

神経圧迫と血管問題のちがい

痺れを起こすタイプには2つあります。

 

神経が圧迫されて起こる痺れと、血管が詰まったり狭くなって起こる痺れです。

 

どちらも神経への血行が乏しくなり酸素や栄養が行かなくなって起こるのですが状態がちょっと違います。

 

神経の圧迫が原因の足の痺れは、神経自体が骨や筋肉で圧迫されることで起きます。

 

代表的なものが、・腰椎椎間板ヘルニア・腰部脊柱管狭窄症・腰椎分離すべり症です。

 

梨状筋症候群というお尻の緊張が原因の場合もあります。

 

血管に問題があるものは、血管自体が狭くなったり詰まったりして神経への血流が乏しくなり痺れが起こる状態です。

 

代表的なものが、・閉塞性動脈硬化症(ASO)・バージャー病です。

 

脳の血管が詰まって足や手に痺れが出る場合がありますが、この場合は緊急を要することもあるので注意が必要です。

 

内科的疾患でも足の痺れが起きます。

 

代表的なのが糖尿病です。

 

糖尿病は、代謝障害から両足のしびれが出ますが、靴下を履いているような知覚障害や足の裏に何かが貼り付いている様な感覚があるのが特徴です。

足の痺れに対する病院の対処法

主に医療機関の対処法は、薬物療法神経ブロック注射、若しくは手術療法です。

 

薬物療法では血流を改善するお薬や筋弛緩薬が処方されます。

 

ペインクリニックで行われる神経ブロック注射は、痛みや血行を改善する為に腰部や臀部に行います。

 

整形外科で理学療法士が行う一般的なリハビリテーションでは、運動療法(筋トレや関節可動域訓練)やストレッチを症状に合わせて計画的に進めます。

 

血管の問題に関しては、外科的な処置が必要な場合もあるので専門医の判断や検査が必要になることがあります。

足の痺れを改善する当院の整体法

足の痺れには、緊急かつ器質的に専門医の処置が必要な足の痺れもありますが、多くは保存的療法(外科処置以外の対処)で改善します。

 

足の痺れが出る下地を作った原因は、『慢性的な蓄積疲労』からくる『身体の歪み』『血の巡りの弱さ』です。

 

当院の”血流回復整体”は、歪みを改善して全身の血流を回復する整体法です。

 

施術の特徴である「頭蓋骨調整」「内臓調整」を行うことで、律神経ホルモンバランスを整え内臓が働きやすい環境を作ります。

 

足の痺れという「結果」にだけ対処するのではなく、根本的な体質から改善することで症状を解消していきます。

 

さらに完全無痛で優しくソフトな手技ですので妊婦さんや小さなお子様でも安心して受けて頂いています。

病院での治療やお薬で改善しないからと“しびれ”をあきらめていませんか?

 

痛みもそれほど辛くはないからと放っておいていませんか?

 

痺れ自体ではなく、『痺れが出ている体質』が問題なのです。

 

症状は身体からのメッセージです。

 

症状を出している体質を改善して、元気で楽しい生活を送り続けていただく事が私たちの想いです。

 

つくば市で『足のしびれ』でお悩みの方は、今スグに「からだ回復整体 めぐり」までお電話でご相談ください。

 

私達整体のプロが責任を持って一緒に導きます。

症状について詳しくはこちら

腰痛|つくば市で腰痛のお悩みは『からだ回復整体めぐり』へ! 

関連記事