手のしびれ・腕のしびれの原因と解消法 つくばの整体鍼灸「からだ回復整体 めぐり」

  • 右手や左手のしびれが気になる・・
  • 両手のしびれは病院の何科で診てもらうの?
  • 指先がしびれる原因は何?
  • 腕のしびれが出てきて心配・・
  • 手のしびれと共に頭痛・めまい・吐き気がある
  • 小指だけがしびれるのは何故?

手や腕の痺れが出る疾患

頸椎ヘルニア

頸椎の椎間板が神経を圧迫して手や腕に痺れが出るのが「頸椎ヘルニア」です。時に、首肩自体の痛みを伴う事もあります。

 

頸椎症

頸椎の椎間板や椎体(背骨の本体)が変形して、脊柱管や椎間孔という神経の出口・通り道を狭くすることで腕から手先に痺れ・違和感が出ます。

胸郭出口症候群

「胸郭出口症候群」は首と肩の付け根周辺で、肋骨や鎖骨・首を支える筋肉が腕に行く神経を血管が締め付け痺れが出ます。徒手検査で概ね鑑別できます。

肘部管症候群

肘部管という神経が通る肘のトンネル部分に問題があり手先に痺れが出るのが「肘部管症候群」です。

手根管症候群

手根管症候群も肘部管症候群と同様に、手首にある手根管と言う神経や血管が通るトンネルに問題が手指に痺れや筋委縮が起こる状態です。

その他にも、脳梗塞の症状の一部や糖尿病、甲状腺の病気でも起こることがあります。心因性の問題がある場合も自覚症状として手の痺れを訴える事があります。

神経障害と血流障害

しびれの原因は、神経障害か血流障害の2つのタイプに分けられます。

 

神経が圧迫を受けたり締め付けられたりする、『神経障害タイプ』と、血流が障害されて血行不良になり痺れが出る、『血流障害タイプ』

 

両方が混在している場合も少なくありません。

 

どちらも、神経への酸素と栄養供給が乏しくなり『シビレ』症状が出るのです。

病院での一般的対処

手や腕の痺れが出た場合は、一般的には整形外科を受診する事が多いと思います。

 

首肩や腕などに原因があることがほとんどだからです。

 

徒手検査、各種の画像診断や生化学検査によって原因が判断されそれに応じた治療が選ばれます。

 

医療機関では、薬物療法が基本ですが状態により処方される内容は変わります。

 

一般的には

①筋緊張を和らげる薬

②神経を修復する為のビタミン

③痛みがあれば鎮痛薬

④血流を良くする薬

等を組み合わせて処方します。

 

運動療法やリハビリテーションで改善しない場合や症状が強く痛みを伴ったり日常生活にも支障が出る様ならば、状態によっては手術療法を勧められる事もあります。

 

脳梗塞や糖尿病、甲状腺疾患や心因性のものは専門医の判断と治療が必要になってきます

手や腕の痺れを起こす根本原因は?

病院で治療を受けながらも、整体や鍼灸に症状の改善を求めていらっしゃる方が沢山います。

 

何かしらの治療で改善されればそれで良いのですが、中には痺れが改善しなかったり、あと少しのところで取りきれなかったりという方もいます。

 

それは、痺れを起こした根本原因である、『慢性的な蓄積疲労』から来た『身体の歪み』『全身の血の巡りの弱さ』が改善していないからです。

 

症状の出ている部分だけアプローチしても、その原因が改善されなければ解消出来ません。もしくは改善してもまた繰り返します。

痺れを改善には整体施術が効果的

手や腕の痺れの症状に限らず、『症状』はカラダからの『メッセージ』です。

 

症状が出てしまった体質から根本的に改善することが回復までの最短距離です。

 

私達はその場限りの施術は致しません。

 

クライアント様としっかり向き合い、一番得たい未来へ責任を持って導きます。

 

手や腕の痺れでお悩みの方は、今すぐ『からだ回復整体 めぐり』へお電話でご相談ください。

 

私達整体のプロが一緒に解決していきますのでご安心ください。

症状について詳しくはこちら

肩こり|つくば市で肩こりのお悩みは『からだ回復整体めぐり』へ!

関連記事