肩こり症例② 『左首肩痛』 つくばの整体・鍼灸「からだ回復整体 めぐり」

『左首肩痛』

症例② クライアント

 

 

 

男性 30代

会社員

主訴

左首肩痛

来院日

2016年1月

症状と身体所見

以前から何度も寝違いを繰り返し、3・4日前から急に左首の痛みと左肩の動作時痛が出てきた。いつもはすぐに良くなるが、全く改善しないので当院に受診。随伴症状として、右股関節屈曲時に痛みがある。プライベートでマラソンやトライアスロンを行っており、定期的に大会にも出場している。

 

・腰椎に動きに硬さがある

・左肩関節外転90度で痛み

・左首側屈で右首筋のつっぱり感がありツライ

・右仙腸関節内旋で鼠径部に痛み

・横隔膜に硬さ著明

・膵臓、腎臓の反応点に硬結あり

施術内容と経過

所見からみて、身体の歪みからくる血行不良と動きの制限、内臓機能の低下からくる歪みを改善することを考える。まずは血流回復整体で全身の循環を上げていく。そして内臓調整で横隔膜の硬さを緩ませる呼吸を楽にさせる。内臓は特に右の腎臓に重さがあった。肩関節の外転動作は施術直後にかなり改善した。また左首の側屈でのつらさについても頭蓋骨を調整することで治療直後に可動域が改善した。

2回目の施術

2回目の来院時、肩関節の外転動作時の痛みは9割改善した。ただ肩関節外転動作で引っかかる感じあり。腰椎の動きの硬さは残る。左肋骨の動きに弱さあり。

3回目の施術

肩関節の動きも良く、痛みも消失。右股関節屈曲時の痛み。肝臓、腎臓の反応点に硬さあり。

6回目の施術

右股関節屈曲時の痛み消失。トライアストンも良いコンディションで出来ている。

現在

現在は疲労が蓄積しないよう、メンテナンスで月に1回施術を行っている。メンテナンスに移行するまでの期間は約2ヶ月。

同時に施術した症状

右股関節痛

考察とまとめ

所見からみて、トライアスロンでの身体の酷使が大きく関わっていたことが原因と思われる。腎臓、肝臓の硬さは運動時の姿勢や食事、水分摂取不足が積み重なって歪みを発生させたと考えられる。筋肉の緊張を直接解消させるマッサージのような施術だけでは、根本からの歪み改善にはならず、血液循環も上がってこない。内臓と頭蓋骨、歪み調整することで根本から血液循環が上がるように施術した。また食生活や身体の使い方を改善することで更に循環力が向上し、パフォーマンスの結果にも大きく違いが出てきた。

症状について詳しくはこちら

肩こり|つくば市で肩こりのお悩みは『からだ回復整体めぐり』へ!

関連記事