肩こり解消2つのセルフケア!肩甲骨がポイント つくばの整体・鍼灸「からだ回復整体 めぐり」

  • 肩こり改善の簡単な体操が知りたい
  • イスに座ったままででも出来る肩こり体操があればやりたい
  • 短時間で出来る簡単な肩こり体操はないの?
  • 効果があって誰でも出来る肩こりセルフケアを教えてあげたい

肩こりを改善するには筋肉を動かして血流を良くする

肩こりは、首肩や背中の筋肉が硬くなり血行が悪くなることで起きます。

 

一日中パソコンやスマホを使う生活は、首肩の筋肉が大きく伸び縮することがないため肩こりになりやすい身体を作ってしまいます。

 

更に、デスクワークの方は、椅子の座り方や高さが良くないと首肩に緊張が増え肩こりが強くなるので注意が必要です。

 

肩こりを起こす筋肉は、『僧帽筋』や『肩甲挙』・『脊柱起立筋』という首肩から背中にある筋肉です。

 

肩こりを改善するにはこれらの筋肉を大きく動かすことが必要です。

 

筋肉が伸び縮みするとポンプ作用が働き血の巡りが良くなります。

 

筋肉内の血流が良くなると、痛みやコリ感の元である『疲労物質』『発痛物質』が血流に乗って流されていくからです。

肩甲骨を動かすと首肩周りの筋肉が動き出す

首肩周りの多くの筋肉は『肩甲骨』から『背骨』についています

 

肩甲骨を大きく動かすことでこれらの筋肉が大きく動きますので、血流を促進し“肩こり”を改善します。

 

注意が必要な事が一つあります。

 

それは、『首をグルグル回す』運動です。

 

これは首肩の筋肉はあまり伸び縮みせず、首の骨(頸椎)にかなり負担がかかりますのでオススメ出来ません

 

肩甲骨を大きく動かす方が安全で効果が高いのです。

座っても出来る2つの簡単「肩甲骨体操」

まず一つ目は、『呼吸に合わせたバンザイ動作』です。

 

万歳をしながら息を大きく吸い込みます。

 

その時に、肩甲骨の動きを意識するとよいでしょう。

 

限界まで上げたら、息を吐きながらゆっくり腕を下していきます。

 

二つ目は、『肩甲骨回し』です。

 

腕を回すのではなく肩甲骨だけを回します

 

座っても立ってもどちらでも出来ます。

 

背筋をまっすぐ伸ばして肩甲骨を意識しながら大きく円を描くように肩甲骨だけを動かします。

 

これをマメに行うことで首肩の血行が良くなり肩こり改善に役立ちます。

 

簡単にどこでも出来ますので、肩こり体質の方には是非オススメです。

深呼吸するだけでも肩こり解消に効果的

人間は疲れてくると背中が丸くなります。

 

すると、お腹が圧迫され呼吸が浅くなり取り込む酸素量が少なくなります

 

呼吸量が少なくなると筋肉も酸欠になりやすく『肩こり』を助長してしまいます。

 

深呼吸を意識的にすることで、姿勢もリセットされ新鮮な空気を沢山体内に入れることが出来るので『肩こり』改善に有効です。

 

ボーッとした頭もスッキリします。

まとめ

肩こりの原因である、首肩周りの硬い筋肉を動かすことで血行を回復する。

 

首を回す動作は危険

 

肩甲骨を動かす方が効率が良く安全。

 

『バンザイ動作』『肩甲骨回し』、それに『深呼吸』

 

これらを毎日マメに継続することでをすることで、肩こりを解消する簡単セルフケアになる。

 

根本体質から肩こりを解消する方法は、下の『肩こり』をクリックしてご覧ください。

症状について詳しくはこちら

肩こり|つくば市で肩こりのお悩みは『からだ回復整体めぐり』へ!

関連記事