腰痛は座り方で改善!5つの注意点 つくばの整体・鍼灸『からだ回復整体 めぐり』

  • 仕事で長時間座っていると腰が痛くなってくる
  • 腰に負担がかからない正しい座り方があれば覚えたい
  • 椅子の座り方をなおして腰痛を少しでも改善したい
  • 腰痛や足の痺れを起こさないイスの座り方を知りたい
  • デスクワークなので疲れない座り方があれば教えて欲しい

腰痛を起こす椅子の座り方とは

イスの座り方一つで、腰にかかる負担がかなり軽減します。

 

デスクワークで長時間座っていると腰が痛くなったり、お尻や下肢の裏側に痺れが出てきたりする方は“座り方”に問題があることが多いのです。

 

毎日の積み重ねほど怖いものはありません。

 

ジワジワ負担がかかり腰痛の症状が出来上がるのです。

 

悪い座り方は筋肉の持続的な緊張を起こし腰回りの筋肉の血流を弱くします。

 

腰骨(腰椎)や椎間板に負担がかかり骨盤の歪みにも繋がります。

 

長時間の座位で腰が痛くなる方は、以下の5つの注意点を見直すことで腰や骨盤にかかる負担を少なく出来ます。

腰痛防止の座り方5つの注意点

注意点 その① 「椅子の高さが合っていない」

椅子が低すぎると、背中が丸くなり腰に負担がかかります。

 

逆に高過ぎると、足が地面にピッタリつかず身体が不安定になります。

 

バランスを保つために体幹の筋肉が疲れやすくなってしまうのです。

 

足の裏全体がしっかり着いて膝と股関節が90度曲がっているくらいの高さにするのが一番良い高さです。

注意点 その② 「背中や腰が丸くなっている」

背中や腰が丸くなると、骨盤が後ろに傾き腰の筋肉や腰椎により多く負荷がかかります。

 

背中が丸くならない姿勢を取るためのポイントは1つ。

 

骨盤の向きを意識します。

 

骨盤を立て腰が自然に反った状態に変えるだけで負担が大きく軽減されます。

注意点 その③ 「机の高さが合っていない」

深く腰掛け背筋を伸ばした姿勢で椅子に座ります。

 

その状態で、肘から先が姿勢を変えることなく楽におけるのがベストの高さです。

 

椅子だけではなく、机の高さも重要ですので是非合わせて調整して下さい。

 

もし椅子の高さが高ければ足置きを置くのも一つの手です

注意点 その④ 「椅子に浅くかけている」

椅子の手前に座るのではなく奥までちゃんと深く腰掛けます。

 

しっかりと奥まで座り背もたれに軽く支えられる感じが良いでしょう。

 

こうすることで骨盤を立てた姿勢がとり易くなります。

注意点 その⑤ 「1時間以上座りっぱなしはNG」

長時間座っていると全身の血行が弱くなります。

 

特に下半身の循環が悪くなりますので1時間に1回は席から立ち腰回りと脚の筋肉を動かしましょう

 

上半身や腕を伸ばすストレッチも合わせて。

 

出来れば軽くスクワットをすると血液が押し上げられ肩こり防止にも有効です。

座り方以外での注意事項

座り方以外でも気を付ける点があります。

 

常日頃から身体を動かす習慣を作ること。

 

特に運動不足になりがちな方は日常生活の中で身体を動かすことを心がけましょう。

 

例えば、階段を使うとかお風呂上りに軽いストレッチをするとか。

 

なるべく徒歩で移動するなど小さな事から実践してみて下さい。

 

しかし、動いた時に腰痛がある場合は絶対に無理をしないでください

まとめ

慢性腰痛の方は、椅子の座り方で腰への負担を軽く出来ます

 

①椅子の高さを合わせる

②背中や腰を丸くして座らない

③机の高さに合わせる

④椅子に深く腰掛ける

⑤1時間以上座りっぱなしにならない

 

この5つの注意点を心がけるだけで慢性腰痛に良い影響を与えます。

 

デスクワークの方は是非今日から実践して下さい。

腰痛が改善しないのは『体質』が変わっていないからです。

 

当院の“血流回復整体”は、歪みを改善することで全身の血流を回復し腰痛を根本体質から解決します。

 

「何処に行っても良くならない繰り返す腰痛」「腰痛のない生活を送りたい!」そんなお悩みの方は是非ご相談ください。

 

腰痛に関して詳しくは下の『腰痛』をクリックしてご覧下さい。

症状について詳しくはこちら

腰痛|つくば市で腰痛のお悩みは『からだ回復整体めぐり』へ! 

関連記事