肩こりに効く筋トレ!どこでも出来る簡単な3つの運動 つくばの整体鍼灸「からだ回復整体 めぐり」

  • 自分で肩こりを解消できる筋トレが知りたい
  • カンタンで誰でも出来る肩こり改善筋トレはないかしら
  • 仕事場でも出来る肩こりエクササイズがあればやってみたい
  • ツラい筋トレは嫌だけど楽に出来る肩こり改善の運動があればやりたい
  • 5分位で出来るカンタンな肩こり解消運動はないかしら

3つの簡単な筋トレで肩こりを改善!

どこでもカンタンに出来る、肩こり解消の筋トレを3つご紹介します。

 

時間も10分以内で出来ますので、1日2~3回すると血行が促進して肩こり解消に役立ちます。

 

筋肉を動かすことで、血の巡りを改善しましょう

筋トレ① 『壁に手を着き腕立て伏せ』

これは、”立ったまま行う腕立て伏せ”です。

 

壁から50センチ位離れて立ち、普通の腕立て伏せの要領で背筋を伸ばして行います。

 

両手の距離で使う部位が違いますので、両手の距離を広く取ったり近づけたりして試してください。

 

ポイントはいける所まで最大限動かすこと!

 

負荷は軽いのでそんなに疲れません。どこでも出来るのがメリットです。

 

肩甲骨が大きく動くように意識して下さい。

 

20回位が目安です。

筋トレ② 『カーフ・レイズ』

いわゆる“カカト上げ”です。

 

何か支えがあった方が安全ですので、壁や柱でバランスを保ってください。

 

片足ずつでも両足同時でもかまいません。

 

背筋を伸ばして行うことがポイントです。

 

出来ればゆっくり30回位を目安に。

 

“ふくらはぎ”は血管が豊富ですので、ここを動かすことでポンプ作用が働き血液が上へ行きます

 

その結果、全身の血の巡りが改善するのです。

 

もし、“ふくらはぎ”や“アキレス腱”に痛みがある時には無理しないで下さい。

筋トレ③ 『スクワット』

筋肉の大半は“下半身”にあります

 

カカト上げと同じように、下半身の筋肉を筋トレすることで下から上へ血流を押し上げる効果があります。

 

足だけではなく上半身の血の巡りも改善しますので、肩こり解消の効果があります。

 

膝と股関節を深く曲げ過ぎなくても十分効果があります。

 

最初はハーフ・スクワット(膝と股関節が45°くらいまで曲がる)でもよいでしょう。

 

これもゆっくり30回位行います。

筋トレの前後に大きく動かすストレッチ

普段からストレッチを習慣にすると、肩こり予防になります。

 

腕や背中を大きく目一杯動かすことで、筋肉も良く伸び縮みし血の巡りが改善するからです。

 

首のストレッチは注意が必要です。

 

首の骨(頸椎)はデリケートですので、「首を無理にグルグル回す」のは危険なので辞めましょう

 

腕や肩甲骨のストレッチ体操は、大きく動かすことがポイントです。

生活習慣の見直しも大事

いくら筋トレやストレッチをしても、生活習慣が乱れていては意味がありません

 

睡眠不足や暴飲暴食が原因の「疲労が蓄積した身体」では、筋トレやストレッチの効果が半減してしまいます。

 

充分な睡眠時間を確保することや、乱れた食生活で内臓疲労を起こさないように注意して下さい。

まとめ

肩こりを解消する、『どこでも出来るカンタン筋トレ運動』は3つ。

 

①壁腕立て伏せ

②カカト上げ

③スクワット

 

②と③は下半身の筋トレですが、肩こりに限らず全身の血の巡りを改善する効果があります。

 

筋肉の半分以上は下半身にあり、血流を促進するのが筋肉のポンプ作用だからです。

 

大きくゆっくり行ける所まで目一杯動かすのがポイント

 

それに生活習慣の乱れにも気を付けて下さい。

症状について詳しくはこちら

肩こり|つくば市で肩こりのお悩みは『からだ回復整体めぐり』へ!

関連記事